2019.03.29

【家づくりについて学ぼう ~第53弾~】

こんにちは

今日は、早速シリーズ『家づくりについて学ぼう』

第53弾のテーマは『その土地探し、ちょっと待ってください!』

 

 

土地の価格については、ある程度、相場というものが存在するものの、

その土地が持つ特徴や仕入れコスト、それから持ち主の事情などによって

設定のされ方が全く違ってくるものですし、

値引き交渉の可不可や大小も違ってくることになります。

 

例えば、あなたが非常に人気のエリアで土地を購入したいと考えているとします。

このようなエリアでは不動産屋さんは間違いなく相場よりも価格設定を高くし、

よほど条件が悪くない限りは、値引き交渉にもほぼ応じてくれないでしょう。

その結果、土地購入にお金をかけ過ぎてしまうことになり、

思っていたよりも遥かに家を建てるためにお金が回せなくなったり、

あるいは、家づくりの予算そのものが吊り上がることになり、

その負担が毎月の返済にのしかかってきたり、

貯金がすっからかんになってしまったりすることにつながります。

 

具体的な数字でご説明すると、、、

自己資金が300万円で、毎月の返済を7万円以下に抑えたいと思っていたら、

あなたの総予算は2700万円前後になるわけですが、

土地・家以外に200万円が必要だと仮定して、それを差し引くと2500万円で、

土地を買い、家を建て、庭の工事をしていくことになります。

そこで、土地購入のために1150万円もの費用を使うとしたらどうなるでしょうか?

(土地代1000万円、境界費用25万円、水道加入金10万円、

固定資産税精算金3万円、所有権移転登記12万円と仮定)

この場合、残った1350万円という予算の中で家を建て庭の工事をしていくのであれば、

庭の費用を50万円に抑えても、家には1300万円しか予算が回せなくなってしまいます。

自己資金をもっと入れたり毎月の負担を上げてローン金額を増やして、

予算を増やす場合、家に2000万円の予算を使い、

庭に150万円の予算を使うのが理想を叶えるための現実的な予算だとしたら、

800万円も予算がつり上がってしまうことになります。

であれば、少しでも土地購入費用を抑えるようにシフトチェンジしていくべきです。

仮に、少しだけエリアを変更し、その結果、需要と供給のバランスが良く、

ある程度土地を選ぶことが出来、また価格交渉が可能な土地になったとしましょう。

そして、同じ広さの土地が、坪で5万円安く価格が設定され、

さらに、不動産屋さんへの交渉の結果、そこから坪で1万円値引き出来たとしましょう。

となると、50坪の土地であれば、300万円も土地を安く購入でき、

家の予算を300万円増やすことが出来るようになります。

 

家づくりの予算は、あなたが考えているよりもシビアなものですし、

なにもかもを叶えることは、それなりの代償を伴うことでもあるということです。

ですから、建てた後も、無理なく過ごしていただくためにも、

無知なままで家づくりを行なうことだけは絶対にやめていただければと思います。

土地の価格には想像以上に弾力性がありますからね!