2019.04.17

【家づくりについて学ぼう ~第56弾~】

こんにちは!

気持ちいい日が続いてますね

 

さて!今日はシリーズ『家づくりについて学ぼう』

第56弾のテーマは『機能性という観点』

 

 

住み心地の良さを形成する1つの要素として、

家の断熱性能の良し悪しがあるのですが、

機能性に優れた断熱材とそうじゃない断熱材では、

大幅に建築コストが違ってきます。

家の形によっても異なってくるのですが、

だいたい50万円〜100万ぐらいの違いといったところでしょうか?

 

機能性に優れた良い断熱材を使用すれば、初期コストは高くなってしまうものの、

その分継続コストとして必要となってくる“光熱費”が大幅に安くなります。

仮に、それだけで光熱費が毎月平均5,000円安くなるとしたら、

生涯コストとしては、210万円(35年で計算)〜270万円(45年で計算)

ぐらい違ってくるという感じですね。

 

しかも、ただ単に光熱費が安くなるだけじゃなく、

外気の影響を受けにくくなることと、室内の空気が外の漏れにくくなることから、

家の中の快適性が圧倒的に違ってきます。

機能性に優れた住まいを建てるためには、いかに無駄を省くのか?を意識すること。

例えば、廊下です。

ただ単に通るだけの廊下も、部屋や収納と同じようにコストがかかりますし、

廊下があれば、心理的にドアを閉めたくなるものなので、

コストカット!そしてせっかく高めた機能性のパフォーマンスを最大限に発揮するためにも、

廊下を最大限に省くことは外せない要素となってきます。

 

リビング以外の個室についても、無駄に多くつくろうとしていないか、

あるいは無駄に広くしようとし過ぎていないか、冷静に考えるが大切になってきます。

例えば、1帖分のクローゼットがある6帖の部屋を1室つくろうと思えば、

そこに辿り着くための廊下も合わせるとなると、

160万円〜200万円ものコストがかかることになるわけですし、

家の面積が大きくなれば、その分光熱費だってかさんでくることになるので、

せっかく抑えられるはずである継続コストも結局高くついてしまいますよね。

ですから、この点についても、生命保険のように、

もしものことを想定し過ぎる余り、あれも必要かも?これも必要かも?

という状態に過度になり過ぎないよう合理的に考えることが大切になってきます。

これが、機能性に優れた家を可能な限り安く建てるための秘訣です。

 

確かに部屋数が多かったり、面積が大きい家は、

間取り図面を見た時、見た目には良く映ってしまうかもしれません。

しかしながら、そのような家の場合、機能性まで追求してしまったら、

家の価格がめちゃくちゃ高くなってしまいますし、

逆に機能性を無視してしまったら、とんでもなく寒く暑く住み心地の悪い家になり、

将来的に修繕費やヒートショックのリスクも大きな負担となるでしょう。

このような事実をご理解いただき、機能性という点も考慮した上での、

予算設定と間取り設計を行なうようにしていただければと思います。