2018.12.26

【家づくりについて学ぼう ~第39弾~】

こんにちは

ついに2018年も残り一週間をきりましたね!!!

インフルエンザ等一部で流行していますが、

皆さん、元気で年末年始を過ごせるよう気を付けてくださいね

 

さて、今日は2018年最後の!!

シリーズ『家づくりについて学ぼう』

第39弾のテーマは『充実した暮らしをするためには』

 

家を建てるにあたっては、自分たちの“あーしたい”や“こーしたい”を叶えつつ、

現在の暮らしにおける不満点や問題点なども同時に解決するようにすべきなのですが、

“家は3回建てないと思い通りの家ができない!”と巷で言われているように、

案外、後悔してしまうことが色々と出てきます。

これから住まいづくりをされるお客様には、不快で不便な暮らしをしていただかないためにも、

これらのポイントを間取りの設計の際には盛り込んでいただければと思います。

●収納は量だけを考えるのではなく位置も重視すること

まずは、これを意識するようにしてください。

小さいお子様がおられる方が多いと思いますが、

家の荷物のほとんどは子供たちのモノではないでしょうか?

いつも使うおもちゃや絵本などは、1階に置いておくでしょうし、

子供の成長とともに、荷物はどんどん増えていきます。

学校のものや習い事のものはもちろん、洋服のサイズもどんどん大きくなるし量も増えるしで、

けっこうかさばっていくことになりますからね。

なのにほとんどの家が、2階はスペースが余りがちであることから、

2階に収納をたくさんつくってしまっています。

でも、これははっきり言って便利で合理的だとは言えません。

●毎日の作業である洗濯を軽く考えないこと

洗濯物は2階のベランダで干すか?

あるいは、キッチン脇の勝手口から出たところにつくったテラスで干すか?

室内干しでない限り、ほぼ全ての家が、このどちらかです。

洗濯物が丸見えであれば、せっかくの素敵なお家もそれだけで台無しになってしまいます…。

それに加えて、家族構成も分かってしまい、防犯面においても決して良いとは言えません。。。

また、2階に洗濯物を干すとなれば、作業の負担が当然増えることになるのですが、

毎日のこととなればちょっと大変ですし、1階の勝手口から出たテラスに干す場合は、

負担は一見減ったかのように感じますが、寒い外にスリッパに履き替えて出ないといけないとなると、

寒い時期はちょっと憂鬱だと思いませんか?

●無駄に家を広くしないこと

せっかく家を建てるんですから、できるだけ広く部屋を作りたい、

多く収納を作りたい、と思うのが当たり前の気持でしょう。

そして、その結果家が大きくなってしまうわけですが、

無駄に家が大きくなってしまった場合、

建築コストが高くなってしまうだけじゃなく、冷暖房の効果が薄れてしまうことになり、

光熱費がかさむだけじゃなく不快な家になってしまいます。

広く部屋を作り、多く収納をつくりながら面積を最小限に抑えるためには、

無駄をカットしていかないといけないのですが、

これがコストを落としながらも快適な住まいをつくるためには必要不可欠な要素となってきます。

以上の3つが、住まいづくりにおいて、

より快適に、より使い勝手よく暮らしていただくために、

覚えておいていただきたいポイントとなります。

後悔しない家づくりを皆様ができますように

2018.12.11

【家づくりについて学ぼう ~第38弾~】

こんにちは

お久しぶりの更新になってしまったのですが、

今日はシリーズ『家づくりについて学ぼう』

第38弾のテーマは『毎月70,000円以下の返済額での家づくりとは』

をご紹介致します。

 

 

もしあなたが、準備できる自己資金が300万円以内であり、

かつ毎月の返済金額は、正直70,000円が上限だろうなと感じていらっしゃるならば、

地域にもよりますが、家と庭の両方を合わせた予算として費やせる金額は、

1500万円~1800万円ぐらいではないでしょうか?

(土地代等諸条件で変更あります)

これぐらいの予算の中で家づくりをするとしたら一体どのような住まいになるのでしょうか?

 

例えば、あなたが家に費やせる予算が1500万円だったとしたら、

一般的な2階建ての家を建てる場合、30坪前後の家を提案されることになると思います。

30坪が一体どのような間取りなのかというと、

1階は、広いLDK&水回り&収納少々(1帖~1.5帖)、

あるいはそこそこ広いLDK+タタミコーナー&水回り&収納ほぼゼロ、といった感じで、

2階は、それぞれの個室(寝室+子供部屋×子供の人数)+トイレ+納戸

もしくはウォークインクローゼットといった感じです。

この間取りは、ここ最近の家づくりでは、ごくごく平均的であり、

多くの方がこのような間取りを当たり前のものとして家づくりを行なっていますが、

果たして、この間取りは暮らしやすいのでしょうか?

想像してみてください…あなたのお子様は、2階に作った子供部屋を自分の部屋として使うでしょうか?

おもちゃや絵本をその部屋で保管し、取りに行き、片付けをしにいくようになるでしょうか?

子供たちの洋服はどうでしょう?子供部屋までいちいち取りに行くのはめんどくさくないですか?

できることなら全部1階に置いておきたいですよね?

小学校になって荷物が増えてきた時、

それを自分の部屋に毎日持っていくというめんどくさい作業を子供たちが果たしてするでしょうか?

また、子供たちは自分たちの部屋で一体どれくらいから1人で寝るようになるでしょうか?

 

こういった間取りが主流となっている理由は、

その予算の中で実現できる可能な限り面積の大きな家を最小限のコストで建てられるからということと、

家の知識を大して持っていないような営業マンでも、簡単に間取りの提案ができるからなのですが、

多くの方にとって決して使いやすい間取りであるとは言えません…

弊社では、先程の予算で住まいのご提案をさせていただく場合、

もちろん敷地の条件にもよってきますが、

基本的には、平屋をベースとした間取りをご提案させていただくようにしています。

その方が使い勝手がよく住みやすい家になりますからね。

とはいえ、平屋にした場合、プライバシーや防犯性、明るさ、日当たりなどいくつかの難点も出てくることになります。

ですから、平屋をベースとした住まいにする場合、これらの問題が解決できているのか?

ということが非常に大切な要素となってきます。

もちろん、予算をしっかり守りながらもです。

もしお客様が、予算のことも重視しながら、同時に暮らしやすさも一切損なわずに家が建てたいとお考えであれば、

一度弊社の住まいをご覧いただければと思います。

きっと、あなたの住まいづくりに役に立つはずです!

それではまた。。。