2020.06.26

注文住宅の無垢フローリングってどういうもの?

フローリングの素材としては無垢と合板が代表的で、一般的には合板フローリングが選ばれることが多いです。
しかし、注文住宅を購入する方はこだわりを持った方が多いため、無垢フローリングの人気も高いです。
今回は、無垢フローリングとはどのようなものか解説します。

 

□無垢フローリングの3つの特徴について

無垢フローリングは100パーセント天然木でできており、天然木の特性が反映されます。

*調湿性がある

無垢フローリングは湿度を調整する機能に優れています。
無垢フローリングは天然の木材でできているため、木が空気を含んでおり呼吸をします。
梅雨から夏の終わりにかけて、気温と湿気が高くなる時期には湿気を吸収し、冬の乾燥する時期には湿気を放出します。

このように、無垢フローリングにすると、家の中を快適な状態に保てるでしょう。
湿気を吸うと木材が膨張するため、施工の際にはすこし隙間を空けて張ることで、木材が反らないように注意しています。

*肌触りが良い

合板フローリングも木材でできていますが、複数の木板を接着剤で貼り合わせるため、無機質な触り心地になるでしょう。
天然の木材は空気を含むため、手触りが柔らかく、冬の床の冷たさを軽減できます。

*長期間使用できる

無垢フローリングでは天然の木材を使用しているため、長く使っていると色合いが変わります。
年々深みのある色に変化して、見た目に味が出てきます。

 

□無垢フローリングを選ぶ際のポイント

無垢フローリングと一口に言っても、樹種や使用する部位によって木目や色味が変化します。
そのため、樹種を決める際にはインテリアの雰囲気に合わせることで、より理想のフローリングにできるでしょう。

ここでは3つの樹種を紹介します。
ウォルナットという樹種を選ぶと、落ち着いた茶色で重厚感のある木目をしているため、クラシカルなインテリアと相性が良いです。
オークという樹種は、白っぽい肌色の美しい木目が特徴で、シンプルな空間に使用するとさらに魅力を引き出せるでしょう。
パインの木材を選ぶと、黄色みがかった肌色をしているため、温かみがありナチュラルな雰囲気を演出できます。

 

□まとめ

今回は、無垢フローリングとはどのようなものか解説しました。
天然木の温かみのある生活がしたい方には、無垢フローリングはおすすめです。
無垢フローリングに使われる樹種の種類は豊富ですから、お家のイメージに合わせて樹種を選んでみてくださいね。
わからないことがあれば、気軽に当社にご相談ください。

2020.06.25

注文住宅に地下室を作りたい!地下室を作る際に必要な費用は?

「周りの音を気にしなくて良い部屋が欲しい。」
「シアタールームとして地下室を作りたい。」
このような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

地下室が欲しいという思いがあっても、どれくらい費用が必要かわからないのは不安ですよね。
今回は、注文住宅で地下室を作るのに必要な費用について解説します。

 

□地下室を作ることのメリット

まずは、地下室を作る3つのメリットをご紹介します。

*住宅を広くできる

家を建てる際には、容積率を守る必要があります。
「容積率=延べ面積÷敷地面積」の計算式で、容積率は求められます。
延べ面積とは、各階の面積合計のことを指します。
敷地が狭く、3階や4階を作ろうと思っても、容積率を超えてしまうと建てられません。

地下室は、延べ床面積の3分の1までは容積として算入しないという決まりがあるため、効率的に床面積を増やせます。
そのため、さらに床面積を増やしたい方は地下室を作ると良いかもしれません。

*防音性能が高い

シアタールームや楽器の練習部屋は大きな音が出て、地上に部屋を作ると近所トラブルが発生することがあります。
しかし、地下室は地中に作られ周りが土に囲まれていますから、地上の部屋より防音性がかなり高いです。
そのため、周りを気にせず、映画鑑賞や楽器演奏を楽しめるでしょう。
また、周りの音も聞こえにくいため、書斎や寝室として活用する方もいらっしゃいます。

*快適性が高い

地下室は周囲が土に囲まれているため、1年を通して気温が安定しています。

気温の変化が少ないため、夏は涼しく、冬は涼しい空間になるでしょう。

 

□地下室を作る際の費用について

一般的に住宅の費用相場は坪単価で計算しますが、地下室は建築工程が地上部分とかなり異なるため、坪単価で算出するのは難しいでしょう。
地下室を作るには多くの重機が必要になるため、狭い地下室より広い地下室の方が面積当たりの価格が安くなります。
また、地盤の状態や周囲の道路状況よっても、費用が変動します。
そのため、注文住宅で地下室を作るのに必要な費用を計算する際には、住宅会社に直接相談する方が良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅で地下室を作るのに必要な費用について解説しました。
地下室には多くのメリットがありますが、地盤の状態や空間の大きさによって価格が変動するため、自分の力だけで費用を算出するのは難しいです。
地下室の製作費用を計算したい場合には、気軽に当社にご相談ください。