2019.07.24

【家づくりについて学ぼう ~第64弾~】

おはようございます!

今日はシリーズ『家づくりについて学ぼう』

第64弾のテーマは『外から見ても間取りがわからない家』

 

防犯性とプライバシー性の両方の要素を兼ね備えることはなかなか難しく、

実際建てられている家のほとんどが、

この2つの要素が全く満たされていなかったりします・・・

 

例えば、南側道路の日当たりの良さそうな土地を購入した場合、

住宅会社の多くは、まず玄関を南側に設置するでしょうし、

1階の南側には可能な限りたくさん大きな窓をつくってくれることでしょう。

2階にはそれぞれのプライベートルームをつくってくれるでしょうが、

それらの部屋も、可能な限り南に面するようにプランしてくれるでしょうし、

そこにも大きな窓が設置され、ベランダへと出られるようにしてくれるでしょう。

さらに、トイレやお風呂、それから洗面室といった水回りスペースは、

ほぼ確実に北に配置されることになります。

そして、それらのスペースには『ここが水回りがあるところですよー』

と言わんばかりのサイズや形状の窓が設置されることになります。

 

洗濯物はキッチンか洗面脱室に設置した勝手口から外に出て、

お隣さんとの間のスペースか、周囲から丸見えのベランダに干すかの

どちらかになりますよね?

多少の相違はあるのかもしれませんが、

ほとんどの家がこのような間取りプランになっていると思いませんか?

しかし、少し想像してみてください・・

これでは、窓を見るだけで間取り自体が完全にバレバレですし、

夜になれば、誰がどこに居るのか一瞬で分かります。

洗濯物が丸見えになっていれば、家族構成がすっかり分かってしまいますよね。

 

また、このような間取りプランの場合、

外から丸見えになってしまいますからカーテンとまではいかないにしても、

レースカーテンをずっと閉めた状態にはなってしまいますよね?

しかし、たとえレースカーテンをしていたとしても、

周囲からの視線は、ある程度しか遮断することは出来ません。

しかも、カーテンが開けにくい家=窓が開けられない家になるので、

一見風通しが良さそうな家だったとしても、

実際は風通しの悪い家になってしまいます。

 

ですから弊社では、防犯性とプライバシー性にもしっかり配慮しながら、

間取りプランを考えるようにしています。

もちろん、そうなれば犠牲になりがちだと考えられる

室内の明るさもしっかり確保しながらです。

 

そしてその結果、

自ずとデザイン性にも優れた住まいが出来上がっていくことになります。

もし、あなたがデザインに優れていながらも、機能性に優れていて、

かつそんな住まいを現実的な予算で建てたいとお考えであるならば、

一度弊社の住まいをご覧いただければと思います。

きっと『なるほど!』とご納得いただけるはずですから!

2019.07.19

【家づくりについて学ぼう ~第63弾~】

こんにちは

台風の影響もあってか雨が降り続いていますね

早い方はお子様が夏休みに入られてますよね♪

お天気も回復してお出かけ日和になるといいですね

 

今日はシリーズ『家づくりについて学ぼう』

第63弾のテーマは『マイホームを建てても毎年旅行にいく3つの秘訣』

 

■家を建てても毎年旅行に行くための3つの秘訣■

たまにはどこか旅行に出かけたいと思って1泊2日旅行を企てても、

計算してみるとけっこうお金がかかることが発覚し、

しばらくの間、そもそも行くのか?行かないのか?

あるいは、行き先を変更するか?しないか?

あるいは、日帰りにするか?否か?といろいろ検討してしまいますよね。

旅行に行くとなれば、それなりにお金はかかってきますよね?

家族4人で他県のレジャー施設への旅行を想定して計算してみると、

全部合わせて約10万円ほどかかってしまうのですが、どこに行くにしても、

最低これぐらいは予算計上しておかないと、ちょっと難しいですよね?

 

ご存知のように、旅行に行くとなれば、出費が必要となりますが、

せめて年に1回ぐらいは、自分たちの気分転換のためにも、

そして子供たちの喜ぶ顔を見るためにも、どこかには旅行に行きたいですよね?

たとえ、マイホームを持ったとしても。

となると、コツコツと旅行貯金をしていくことが望ましいので、

毎月の返済金額をいかに抑えることが出来るのか?が、

けっこう大切なポイントとなってきます。

 

返済金額を抑える3つの方法

その1:金利の安い商品を選ぶ

例えば、あなたが土地を買って家を建てるとして、

そのために3000万円のローンを借りないといけないとします。

そして、選ぶ住宅ローン商品によって返済金額が違ってくるわけですが、

安い金利の商品を選べば、78,500円という返済で済むのに対し、

高い金利を選べば、87,500円もの返済金額になってしまいます。

その差、なんと9,000円です・・・

この差額を積み立てていくことが出来れば、

旅行に行くことが出来るようになりますよね?

しかし、安い金利の住宅ローン商品は、将来が約束されていない商品なので、

その点についてよく理解した上で借りないと、

ただ目先の返済金額を安くするためだけに、

その商品を選ぶのは非常に危険な行為でもあります。

 

その2:自己資金を増やす or 予算を減らす

もし可能であるならば、

自己資金をより投入することによって返済負担を軽減するか、

あるいは自己資金がないのであれば、

そもそも返済がしんどくないラインまで予算を下げる必要があります。

もし300万円自己資金を入れることが出来るか、

あるいは300万円予算を減らすことが出来れば、

先程の変動金利と同じ78,500円という返済金額にて

固定金利の住宅ローンが借りられるので、

少しは余裕が出てくるようになりますよね?

 

その3:予算を減らしつつ、自己資金を増やす

これが出来れば、最高です。

300万円予算を減らしつつ、さらに300万円自己資金を入れることが出来れば、

2400万円の借入で済むことになり、

その結果、毎月の返済金額が70,000円まで減ってくるようになります。

この場合、いい家を出来るだけ安く建てる秘訣を知ることはもちろんのこと、

土地を出来るだけ安く購入する秘訣も知るようにすべきですし、

庭の工事費用も出来るだけ安く抑える秘訣も知るようにすべきです。

 

これから家を建てようとお考えのあなたは、

家を建てることでその後の暮らしを犠牲にすることがないように、知識をつけ、

世の中の間違った常識や固定概念に振り回されることのない、

正しい家づくりを行なっていただければと思います。