2020.06.24

注文住宅でウッドデッキを検討中の方へ!失敗しないためのポイントとは?

マイホームを建てる際に、ウッドデッキを作るか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ウッドデッキがあるだけで外観のおしゃれさがグッと上がりますよね。
しかし、作るのには費用がかかるため、本当に必要か検討しましょう。
今回は、ウッドデッキを作る際に失敗しないためのポイントを解説します。

 

□ウッドデッキを作る2つのメリット

ウッドデッキを作るメリットをご紹介します。

*ストレスを緩和させる

ウッドデッキを作る最大のメリットとしては、外観が良くなることが挙げられるでしょう。
外観を良くしようと芝生を敷いた庭にすると、雑草の処理が大変です。

そのため、最近では庭をコンクリートで固める方もいらっしゃいます。
しかし、これでは外観が殺風景になってしまいますよね。
そのような時に、ウッドデッキを設置すると外観に温かみを持たせられるでしょう。
また、ウッドデッキはリビングと高さを合わせて作るため、部屋とウッドデッキが一続きになり視覚的に広く感じられます。

*機能性に優れている

庭に出るたびに、段差を上ったり下りたりするのは意外と重労働です。
特に、洗濯物を干す際には重い洗濯物を運ぶ必要があるため、なおさら負担に感じるでしょう。
ウッドデッキを設置すると、リビングと同じ高さになるため、その負担を軽減できます。

また、晴れた日にウッドデッキで食事ができることも特徴です。
焼肉を家ですると、臭いがこもってしまいますが、ウッドデッキで行えば気にする必要がなくなるでしょう。

 

□ウッドデッキを作る際の注意点

まずは、ウッドデッキの必要性をしっかりと考えましょう。
例えば、ウッドデッキを洗濯物を干す場所として設けても、普段は仕事が忙しく部屋干しをしている方には、ウッドデッキは存分に使いこなせないかもしれません。
使い勝手や使用回数を考えずに作ってしまうと、無駄なスペースになってしまいます。

また、ウッドデッキは天候の影響を受けやすいことを把握しておくことが重要でしょう。
ウッドデッキは外に設置しますから、雨や日差しによる紫外線の影響を受けやすいです。
外でバーベキューや読書をしている時に天気の影響を受けたら気分が萎えますよね。
そのような方は、ウッドデッキに屋根を付けるのも良いかもしれません。

 

□まとめ

今回は、ウッドデッキを作る際に失敗しないためのポイントを解説しました。
家の外で食事をしたり、洗濯物を干したりしたいという方は、使用回数や天気の影響も一度考慮してから作る方が良いでしょう。
費用やデザインについて相談したい方は、気軽に当社にご相談ください。

2020.06.23

注文住宅とは?意外と知られていない注文住宅の基本知識をご紹介!

「注文住宅とはどのようなものか詳しく知りたい。」
「他タイプの住宅との違いを知りたい。」
今回は、このような思いをお持ちの方に、注文住宅の基礎知識について解説します。

 

□注文住宅には2つのタイプがある

注文住宅には、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2つのタイプがあります。
フルオーダー住宅の最大の魅力は、自由度の高さです。

住宅に使用する材料から間取りの設計まで、幅広く住宅の製作に関われます。
そのため、かなりの建築知識が必要になり、手間や時間もかかるでしょう。
建築過程の全てに関わりたい方には、フルオーダー住宅がおすすめです。
細かい部分まで自分の意見を取り入れられるため、世界に1つしかないオリジナルの家が作れるでしょう。

セミオーダー住宅は、基本的な仕様があらかじめ決まっています。
フルオーダー住宅と異なって、間取りの設計には関われますが、使用する材料や色は制限されることが多いでしょう。
理想の家のイメージはあるが、細部にまでこだわらなくても良いという方には、セミオーダー住宅がおすすめです。

 

□注文住宅は自分の理想を叶えられる

注文住宅以外にも建売住宅や分譲住宅といった住宅がありますよね。
まずは、注文住宅以外の住宅の定義について解説します。

建売住宅とは、土地とセットで販売される新築分譲住宅のことを指します。
建売住宅は既に完成していることが多いため、購入前に見た目や立地を確認できるでしょう。
一方で、設計の自由度はなく、建築過程を確認できないことがデメリットとして挙げられます。
契約から入居までの期間が短く、引っ越し先を早く決めたいという方に合っているでしょう。

また、分譲住宅はマイホームにかける予算が少ない方におすすめです。
分譲住宅は分譲住宅地に同じような家をいくつも建て、建築費用を抑えることで安く提供しています。
家のデザインは周りの家と似通ったものになりますから、理想の家のイメージがあるという方には注文住宅を建てることをおすすめします。

建売住宅や分譲住宅と異なって、注文住宅は理想の家のイメージを叶えられます。
注文住宅には先で述べたように、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅で度合いは異なりますが、どちらも自由度が高いです。
自らの意見を取り入れて建てられるため、愛着の度合いは全く異なるでしょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の基礎知識について解説しました。
理想の家のイメージをお持ちの方は、注文住宅を選んだ方が良いでしょう。
注文住宅についてさらに知りたいことがある方は、気軽に当社にご相談ください。