2020.06.16

注文住宅に最適な木材とは?集成材と無垢材についてご紹介します!

注文住宅を購入するなら、使用する木材にもこだわりたいですよね。

専門家でないと、どれが良い木材か判断するのは難しいと思います。

しかし、すべてを業者に任せるのも良くないので、自分でもある程度は特徴を把握しておくことが大切です。

そこで今回は、注文住宅に使用する木材の選び方を紹介します。

 

 

□木材の種類

使用される木材には主に集成材と無垢材の2種類があります。

ここからは集成材と無垢材それぞれの特徴やメリットとデメリットを紹介します。

 

*集成材とは

集成材は細かな木材をくっつけてできる木材で、強度があり、加工もしやすいので、品質が保たれます。

また大量生産が可能なので、多くの業者で使用されており、低コストな木材が良い方にはおすすめです。

メリットとしては表面に加工が施されているので、汚れが付きにくく、強度があるため業者が扱いやすいです。

 

デメリットとしては、硬い木材のため、調湿性能や調温性能などがないことでしょう。

集成材に用いられる接着剤の質が良く、人体に無害であれば問題はありません。

 

*無垢材とは

大きい木を1本そのまま木材にしたもので、健康やエコの観点から注目が集まっています。

メリットとしては調湿性能があり、季節を通して快適な湿度にしてくれるので、湿度の変化が激しい日本の風土に合うことです。

また人体に全く無害な上に、自然のまま木材にしているので、リラックス効果も望めるでしょう。

 

デメリットとしては、無垢材に使用する木は多くの水を含んでおり、自然乾燥では木に水が残るので、割れたり反ったりしてしまうことです。

また、自然乾燥で後々水が抜けたときに、木が収縮してしまい、隙間ができる可能性もあります。

このようなデメリットを避けたいなら、しっかりと検討した上で、品質の良い無垢材を選ぶようにしましょう。

 

 

□品質管理の重要性

ここまで集成材と無垢材を紹介しましたが、高品質の住宅を建てるには雑に木材を選ぶのではなく、適材適所に木材を選ぶ必要があります。

材料の品質を規定する建築基準法がありますが、それだけでは高品質な住宅は建てられません。

低コストだからなどの理由で、木材を決めるのではなく、木材の適材適所を考慮した設計が大切です。

 

 

□まとめ

今回は、注文住宅に使用する木材の選び方を紹介しました。

集成材と無垢材には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

木材の特徴だけでなく、適材適所をしっかり考慮したうえで使用する木材を選び、理想のマイホームを建てましょう。

 

2020.06.15

注文住宅を購入したい方必見!最近話題のデザイナーズ住宅についてご紹介します!

せっかく注文住宅を購入するなら、自分の理想にピッタリな住宅がいいですよね。

そんな方には、デザイナーズ住宅がおすすめです。

デザイナーズ住宅は高そうなど、さまざまなイメージを持っていると思います。

そこで今回は、最近話題のデザイナーズ住宅について解説します。

 

 

□デザイナーズ住宅とは

デザイナーズ住宅とは、デザイナーとともに、自分の理想の空間を作っていく住宅のことで、世界にたった1つのマイホームを建てられます。

これから、デザイナーズ住宅にするメリットとデメリットを解説します。

 

□デザイナーズ住宅のメリットとデメリット

*デザイナーズ住宅のメリットとは

デザイナーズ住宅は建てづらそうな土地でも、住宅を建てられます。

変形した土地を活かすことで、住宅をデザイン性豊かなものにできます。

 

また、間取りだけでなく、使用する材料や内装・外装なども自分の理想に沿って作れるので、本当の意味でオンリーワンの住宅を建てられるでしょう。

単に快適な住宅を建てるのではなく、快適さに加えて、自分の要望が取り入れられたおしゃれなデザインの住宅の方がいいですよね。

さらに、こだわりたい部分にお金をかけ、不要な部分はコストをあまりかけないこともできるので、低予算でもデザイナーズ住宅を建てられます。

 

*デザイナーズ住宅のデメリット

デザイナーズ住宅はあらゆる部分をすべて打ち合せして決めるので、多くの手間や時間が必要です。

忙しい人には向かないかもしれませんが、前もって打ち合せの日程を決めておき、スケジュールを調整すれば大丈夫でしょう。

住宅は長く住むものなので、時間や手間を惜しまない人は問題ありません。

 

また、デザイナーのこだわりが強すぎて、自分の要望をあまり聞いてもらえない可能性があります。

自分の要望にアドバイスをしてくれ、しっかりと反映してくれるデザイナーなら問題はありません。

最初の打ち合せのときに、デザイナーに自分の意見も反映してほしいと、あらかじめ伝えることで、食い違いが起きるのを防げるでしょう。

 

さらに、デザイン性に注力しすぎて、住み心地があまり良くない住宅になってしまう可能性もあります。

おしゃれなのはいいことですが、住宅は長年暮らすものなので、デザイン性だけでなく、実用性もしっかり考慮しましょう。

 

 

□まとめ

今回は、最近話題のデザイナーズ住宅について解説しました。

デザイナーズ住宅は自分の要望に沿って、オンリーワンの住宅を建てられるので、とても魅力的です。

その反面、手間や時間がかかってしまうので注意してください。

注文住宅で理想のマイホームを建てようと考えてる方は、デザイナーズ住宅がおすすめです。