2020.05.16

注文住宅は価格だけじゃない?断熱材選びは吸水性もチェックしよう!

「断熱材の選び方を教えてほしい!」

「プラスチック断熱材と繊維系の断熱材の違いは?」

注文住宅をご検討の方にとって、断熱材の選び方は気になりますよね。

繊維系やプラスチックなど様々なものがあります。

そこで、今回はそれぞれの特徴と共に住宅にあった繊維材を紹介していきます!

特徴を踏まえて確認していきましょう!

 

 

□注文住宅における断熱材について

様々な特徴がありますが、よく理解した上で購入する必要があります。

そのために、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

まず、最近多く取り入れられているのが繊維系とプラスチック系の断熱材ですが、それぞれ大きな特徴があります。

 

*繊維系断熱材とは?

特に有名なのは、「グラスウール」を使った断熱材です。

何といってもその、耐久性と耐熱性が有能で確実な湿気対策としてはかなり有名です。

グラスウールは、密度、厚みにおいて様々な種類があるのでバリエーションも豊富です。

こういった安くて断熱素材がコストパフォーマンスの面で最適です。

しかし、繊維系はメリットだけだと思われたでしょうか?

良くない特徴としては、一度水を含んでしまうと渇きにくく扱いが難しい点です。

室内の空気にもしっかり配慮して断熱層に湿気が入り込まないように工夫が必要です。

室内側に防湿層や、外部側には湿気を輩出できるように透湿層を確保することが大事です。

結露対策がかなり大事になるのが繊維系の特徴です。

 

*プラスチック系の断熱材の特徴とは?

最近かなり人気な種類です。

発泡剤によりつくられる繊細な気泡が大きな断熱能力を持ち、プラスチックのために軽いのも大きな売りです。

気を付けたいのが、発泡系の断熱材は空気と入れ替わるという特徴があるために徐々に性能を失うことです。

これの最も大きなメリット、デメリットは、発泡のために細かい隙間に断熱材を加えたり、連続した断熱材を加えられたりするのに対してシロアリの被害を受けやすいという点です。

また湿気に弱いのもデメリット言えます。

 

□断熱材の選び方とは?

断熱材の種類はお分かりになりましたでしょうか?

最後に、選び方についてご紹介します。

選ぶ際に気を付けたいのは「熱伝導率」のみで選ぶのは間違いということです。

吸水量や吸湿性、劣化の速さについて理解することが大切です。

一般的な工法で建てられた家の断熱性能は、10年後にはかなり低下している恐れがあります。

職人による高度技術も加味して慎重に選ぶようにしてください。

 

 

□まとめ

今回は、断熱材について繊維材とプラスチック材の観点から解説しました。

最近では、断熱材による健康被害が相次いでおります。

住宅内で何が起こるかわからないので、慎重に検討してみてください!