2020.05.24

自然素材の住宅でよくある失敗とは?失敗しないための対策を紹介します!

自然住宅を選ぶ際に失敗しない対策法を紹介します。
自然素材の住宅こそ起こり得る問題点を今ここで学んでおき、住宅選びに少しでも役立てください。
そして自然素材の住宅の選び方も同時に解説していくため、読者にとって有益な情報が詰まっているでしょう。

□自然素材で失敗する原因

自然素材の住宅で失敗する原因には、無垢材が乾燥すると歪みやすいことや、自然素材ならではの経年劣化が発生することがあります。
無垢材は湿気を調節する役割を持っています。
しかし、季節が変わってしまうと無垢材は乾燥するでしょう。

すると、無垢材の水分が減ってしまい、無垢材が変形してしまうかもしれません。
例えば木材が曲がる、最悪の場合は割れてしまいます。
しかし無垢材は乾燥すると耐久性が増す性質を持っています。
よって、一概に悪いとは言い切れない点を押さえておきましょう。

もう一つの失敗する原因は自然素材の経年劣化です。
劣化してしまうのは自然素材ならではでしょう。
時が経つごとに色合いが変化していきます。
ただ、色合いの変化を楽しみたい方にとってはむしろメリットと考えられます。
もちろん、日頃の手入れは忘れないでください。
無垢材は扱い方一つでデメリットをメリットに変えることさえ可能です。

□自然素材で失敗しないための対策

どうすれば自然素材で失敗しなくなるのでしょうか?
自然素材の家で失敗しないための対策として住んでいるとキズや汚れは出るものと予め考えたり、予算内でできる限り自然素材を使ったりすることが考えられます。
傷は出るものと開き直って考えることは案外重要です。
なぜなら、キズや汚れはどうしても自然素材では防ぎきれないためです。

考え方を変えてみましょう。
キズや汚れがむしろ家の愛着につながるかもしれません。
また、キズや汚れを活かしてデザインやおしゃれにリフォームしてみると良いでしょう。

もう一つの対策は予算内を超えない程度に自然素材を使う点です。
自然素材は費用が割高の傾向があるため、予算をきっちり計画しなければなりません。
また予算を節約するため、化学物質を使うかもしれません。
この点は工務店と相談しながら考えてください。

□まとめ

本記事では自然素材の住宅選びの失敗を解説しました。
自然素材は多少の不便は逃れられませんが、工夫すれば簡単に失敗しない住宅選びができます。
もし少しでも疑問がある方は、当社までご連絡ください。
できる限りお客様のニーズにあった住宅選びをサポートさせていただきます。

2020.05.23

注文住宅をお考えの方必見!吹き抜けのメリット・デメリットとは?

注文住宅の1つの要素として吹き抜けがあります。
吹き抜けとは何でしょうか?
吹き抜けは1階と2階の壁を取り払うことを言います。
本記事では具体的に吹き抜けのメリットとデメリットを説明していきましょう。

□吹き抜けを作るメリット

1つ目のメリットは開放感がある点です。
壁を取っ払うことで部屋が広く感じられるでしょう。
吹き抜けが人気のある理由として広い部屋に住みたい方が依然として大勢いるからです。
例えば注文住宅の1階と2階を吹き抜けにしたとしましょう。
物理的に天井までの距離が遠くなり、まるで外にいる錯覚を与えてくれます。

2つ目はなんといっても室内が明るくなる点です。
なぜ室内が明るくなることが吹き抜けのメリットにつながるのでしょうか?
その理由は2つあります。

1つ目は光の明るさは私たちの気分の明るさに直結するからです。
自然の光は朝の時間にあなたを癒してくれることでしょう。

2つ目は部屋が広くなることで、人工的に蛍光灯を設置しやすくなるため、部屋の明るさを調整できるからです。
例えば広くない部屋で蛍光灯を設置すると電気コードが顔に接触しやすくなるかもしれません。
また場合によっては部屋が狭く感じるかもしれません。
しかし吹き抜けを作ると、天井に蛍光灯やシーリングファンを簡単に設置できるので便利です。

□吹き抜けを作るデメリット

1つ目の冷暖房の効率が悪くなる点です。
空気を循環させるのに時間がかかってしまい、温度調整が難しくなる傾向があります。
空気の循環がなぜ効率が悪くなってしまうのでしょうか?
なぜなら暖かい空気は上へ向かい、冷たい空気は下に向かう性質があるからです。
つまり吹き抜けを作ることで空間が広くなってしますので暖かい空気を下に持っていくのに時間がかかるということです。

どうすれば冷暖房の効率を克服できるのでしょうか?
対策は空気を移動させるファンや扇風機を置くことが考えられます。
一度ファンや扇風機を注文住宅と共に検討してみましょう。

2つ目のデメリットとしてメンテナンスに時間がかかる点も注意です。
メンテナンスに時間がかかってしまうと、ついついメンテナンスを怠ってしまうかもしれません。
例えば天井のファンや吹き抜けの窓を掃除するには高い場所のため、必要以上の労力がかかります。
脚立を使って掃除するのも気が進まないかもしれません。
また危険も伴います。

どうすればメンテナンスを克服できるのでしょうか?
対策は取り付けの際に依頼した工務店にお願いする方法が効果的でしょう。
ぜひ当社まで悩みを相談してください。

□まとめ

吹き抜けは注文住宅の重要な要素です。
一度選択肢の1つとして改めて考えてみてください。
当社は吹き抜けを作ることも承っています。
注文住宅で吹き抜けを作るべきかお悩みの方は一度相談してください。