2020.06.18

デザイナーズ住宅で失敗しないようにするための方法をご紹介します!

デザイナーズ住宅と聞くとおしゃれな家をイメージする方が多いと思います。

実際それだけではなく、デザイナーズ住宅にはさまざまな特徴や多くのメリットがあります。

しかし、デザイナーズ住宅に詳しくない方は、失敗しそうと思うかもしれません。

そこで今回はデザイナーズ住宅の特徴と失敗しないようにする方法を解説します。

 

 

□デザイナーズ住宅の特徴を解説します!

まず、デザイナーズ住宅のメリットとデメリットを解説します。

 

*デザイナーズ住宅のメリットとは?

メリットの一つ目として、自分の理想の家造りができることが挙げられます。

何と言っても一番大きなメリットは自分が住みたい理想の家を建てられることでしょう。

間取りはもちろん、外壁や内装、どの素材を使用するかも全て自分たちで決められます。

家は長く住むものですから、こだわりたい部分ですよね。

デザイナーズ住宅では細部までこだわれることが大きな魅力です。

 

二つ目のメリットは、さまざまな土地に対応できることです。

狭いところや変形地のような、建てにくいと思われる場所でもその変形部分や、狭さを生かした家が建てられます。

 

*デザイナーズ住宅のデメリットとは?

デザイナーズ住宅のデメリットは、打ち合わせに時間を要することでしょう。

こだわればこだわるほど、打ち合わせに時間がかかってしまいます。

しかし、あらかじめ自分と家族たちで理想の家を共有しておけば、打ち合わせがスムーズに進み、時間を短縮できます。

 

また、暮らしやすさに欠けてしまう可能性があることも、デメリットとして挙げられるかもしれません。

デザインにこだわりすぎ、生活動線を全く考えなかった場合、暮らしやすさに欠けてしまうかもしれません。

そうならないためにも打ち合わせでは生活動線にも気を配りましょう。

 

 

□デザイナーズ住宅で失敗しないようにする方法とは?

ここまでメリットとデメリットを解説しましたが、次に、どうすれば失敗せずにうまく建てられるのか、その主な方法を二つご紹介します。

 

一つ目の方法は暮らしやすさを考慮することです。

先ほどのデメリットのところでもお話ししましたがこれが一番重要でしょう。

いくら見た目が自分や家族の理想通りの家が建てられても暮らしにくければ、もったいないです。

そのため、暮らしやすさと理想のデザインのバランスがとれた家を建てることを心がけてください。

 

二つ目はこだわりすぎないことです。

こだわりすぎると頼んだ業者の強みを生かせなかったり、リセールバリューが悪くなったりすることがあります。

そのため、こだわることは良いですが、業者の意見も聞きながら進めていきましょう。

 

 

□まとめ

今回はデザイナーズ住宅の特徴と失敗しないようにする方法をご紹介しました。

特にデザインにこだわりすぎて、暮らしにくい家になってしまわないように注意しましょう。

2020.06.17

新築をお考えの方へ!充填断熱工法と外張り断熱工法の特徴を紹介します!

「新築を建てるときの断熱工法には、どのようなものがあるのだろうか。」

そのようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家の断熱性は、これから生活するうえでとても重要なポイントになりますよね。

そこで今回は、新築をお考えの方へ、充填断熱工法と外張り断熱工法についてご紹介します。

 

 

□充填断熱工法と外張り断熱工法の特徴とは?

家の断熱性が重要ということは分かっていても、どのように断熱性が決まるのか分からない方が多いでしょう。

実は、家の断熱性は、新築の際の断熱工法によって決まります。

木造住宅の断熱工法には、いくつか種類がありますが、次のような2つの断熱工法に分けられることが一般的です。

 

*充填断熱工法

充填断熱工法とは、天井や壁の中に断熱材を詰める方法です。

主に、グラスウールやロックウールなどの繊維系の断熱材が使われることが多いでしょう。

 

また、「吹き込み工法」というセルロースファイバーや粒状になったグラスウールを、機械を使って吹き込んでいく断熱工法や、「パネル工法」というプラスチック系断熱材と合板などが1つになった断熱工法も充填断熱工法となります。

 

*外張り断熱工法

外張り断熱工法とは、屋根や壁の外側から施工する方法です。

主にプラスチック系の断熱材が使われることが多く、鉄筋コンクリート造の場合、「外張り」と呼ばれることもあります。

充填断熱工法が中に詰める方法とするならば、外張り断熱工法は、名前の通り、外から張り付ける方法と覚えておくと良いでしょう。

一昔前までは、充填断熱工法が主流として施工されていましたが、最近では断熱性の需要が高まり、外張り断熱工法での施工を選択される施主が増えています。

 

 

□充填断熱工法の注意点とは?

皆さんの中にも、新築を建てる際に、充填断熱工法での施工を考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、充填断熱工法では、施工技術がしっかりしていないと断熱性能が不十分になってしまう可能性があります。

よって、「断熱施工がしっかりなされているのか」や「断熱欠損や気密処理が不十分な箇所ができていないか」などの確認を施主側でも行うことが不可欠といえるでしょう。

 

 

□まとめ

今回は、新築をお考えの方へ、充填断熱工法と外張り断熱工法についてご紹介しました。

新築を建てる際には、特に、家の断熱性に気をつけなければなりません。

今回紹介した内容を参考に、どのような断熱工法があるのか知ったうえで、慎重に断熱工法を選択するようにしてください。